ルチルクォーツ専門情報サイト

ルチルクォーツのトリセツ

効果

好転反応あり!ルチルクォーツの強力なエネルギー

投稿日:

 

東洋医学でよく耳にする「好転反応」という言葉。

この言葉は、治療している間に一時的に体が悪くなったりする“身体反応”のことを指しています。

実は、パワーストーンを持つことで同じような症状が起きることがあり、人によっては「合わないのかも」と石を手放してしまう方もいます。

ルチルクォーツはパワーストーンの中でも強力なエネルギーを持っているので、この“好転反応”を起こす方が多くいるかもしれません。

でも安心して下さい。

好転反応は“運気が良くなる前兆”です。

今回は、この「好転反応」について詳しく説明していきましょう。

▪”好転反応”ってどんな症状?

パワーストーンによる好転反応は、体の弱っているところ・悪くなっているところの毒だしのような役割を持っています。

一種のデトックスのようなものですね。

この好転反応は、その時の持ち主の状態・状況によって症状が異なってきます。

症状の例としては、頭痛や吐き気、下痢、咳、熱、肩こり、風邪っぽくなる、体にだるさを感じる、生理が早まるなど様々。

精神的な症状としては、怒りっぽくなったり、急に悲しくなったり、涙もろくなったりとあり、環境的な症状になると、人間関係のトラブルなどが発生する可能性があります。

▪なぜ”好転反応”が起きるのか?

パワーストーンの好転反応は先ほどもお伝えしたように、“心身のデトックス”のようなものになります。

ですので、体の不調や心の疲れ・ストレス、持ち主を取り巻く環境が悪ければ、どうにか改善しようとエネルギーが働きます。

また、新しいパワーストーンが持ち主のエネルギーと同調しようとする時も“好転反応”が起きる場合があります。

購入したばかりのパワーストーンは、1週間から10日間くらい、持ち主との距離を近づけるために身につけているのが望ましいと言われています。

▪️“好転反応”が終わった後

好転反応が終わると、それまで感じていた不調だった部分が改善され、パワーストーンのエネルギーを最大限に感じることが出来るようになります。

これはパワーストーンと持ち主のエネルギーが同調し、やっと共存していける状況になったということを意味します。

持ち主のマイナスエネルギーが取り去られている時なので、「いきなり状況が好転した」という衝撃を受ける方もいるかもしれません。

好転反応の症状の出方は、人によって酷く辛いものとなる可能性があります。

しかしその期間はマイナスエネルギーからの脱出、そして良い方向へ向かっている途中なので、静かに終わりが来ることを待ちましょう。

初めての方は特に、パワーストーンを身につけたことによって異変が起きたら不安に感じるはずです。

ですが、不安や疑問のようなマイナスエネルギーを持ったままいると、高いエネルギーを持つパワーストーンとさらに同調しにくくなり、好転反応の期間が長引くと言われています。

パワーストーンは持ち主の願いを叶えたいと思っています。

好転反応がきたら、「願いが叶う時がきた!」とポジティブな気持ちを心掛けましょう。

そういう気持ちが同調を早め、好転反応後のエネルギーも高めていきます。

▪️“好転反応”は一度とは限らない

好転反応は一度とは限らず、何回も起こる場合があります。

潜在的にある心の疲れやストレスの浄化には、時間が必要な場合もありますからね。

繰り返される好転反応には石の効果がさらに高まっているという意味もあり、実は喜ばしいことでもあります。

ですので、どうか不安にならないで下さい。

これは、「パワーストーンと持ち主が不一致」ということで起きているわけでは決してありません。

■”好転反応”が起きた場合の対処法

好転反応によっていくら良い方向に向かうと分かっていても、辛い状況を我慢し過ぎることはよくありません。

これからいくつかの対処法をご紹介するので、「好転反応が起きている」と思った時は試してみて下さい。

①ポジティブな気持ちを常に忘れない

好転反応と分かっていても、パワーストーンの力で気持ちが落ちてしまうことがきっとあるはずです。

ですが、自分に起こっている現実に引っ張られず、いつも通りに淡々と生活するように心がけましょう。

難しいことだとは思いますが、じっくりと自分に起こっている変化を楽しむように過ごしてみて下さい。

そういった前向きな気持ちが、持ち主をサポートする力を加速させてくれます。

②睡眠をとる

パワーストーンの影響で眠気がひどくなる方もいるはずです。

その場合は、脳に休息をとるようにというメッセージなので、出来れば休みをとって十分な睡眠を持つようにしましょう。

③パワーストーンから離れる

症状が耐えられないくらいまでになってしまったら、無理をせずパワーストーンと離れる時間を作るようにしましょう。

ブレスレットやネックレスなら外し、部屋に飾っている方は視界に入らない場所に仕舞ってしまいましょう。

体調が戻ったらまた身につけたり、飾ってみたりしてみて下さい。

だんだん慣らしていけば、好転反応にも慣れていくでしょう。

■まとめ

ルチルクォーツはそのエネルギーの強さゆえに、好転反応を起こす可能性が高いと言われています。

でも何度もお伝えしているように、決して相性の悪さでも不幸の前兆でも何でもありません。

新しいパワーストーンには起きやすい現象ですので、不安にならず、自分と同調していく過程を楽しむようにして下さいね。

-効果

Copyright© ルチルクォーツのトリセツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.